茨城・福島・東京の声楽レッスン・声楽療法レッスン|イタリアベルカントセミナハウス

茨城・福島・東京の声楽レッスン・声楽療法レッスン|イタリアベルカントセミナハウス

コンサートのお知らせ

コンサートのお知らせ

2022年5月7日の「第九コンサート」 は、おかげさまで、大成功のうちに挙行されました。
以下は、今年5月7日の「第九コンサート」出演のピアニストが音楽事務所の担当マネージャーに送った報告書に、
当日の指揮者「佐藤宏之について」の内容がありましたのでと、マネージャーが私に送ってくれたものです。佐藤宏之

IBS音楽事務所 吉田みゆき様への報告書
ピアノ 柳沢慶子
みゆき様からのお手紙ありがとうございます。
5月7日から、もう2週間も経ちますのに、私は演奏会の余韻がまだ冷めません。
自分のことを言えば、前の日1回のみのソリストとの合わせで本番を迎えました。
ソリストたちに要求されたことを、ステージで漏れなくピアノの音に託せるか?
でもかなりの集中力で演奏しましたので、すべて託せたと自負しております。
ですから楽しかったぁ…

会場全体がうた声とピアノの音につつまれ、お客様の心の中に入り込んだのでしょう。
1曲ごとに客席の上から瀧のようにドドーッと流れてくる拍手!!それを私はこの身体で感じました。
ステージに立つ者のみ味わえる幸せな瞬間でした。

「第九」は客席で聴きました。2015年に続き、今回も宏之先生は暗譜の指揮!!素晴らしいです!
あの長大な“Beethoven第九全楽章”を暗譜で!!!
指揮というのでなく、まさに先生の身体から第九が出ているのです。自然に!!
日本のみならず、第九を暗譜で指揮するというのは、どの国の指揮者も目指しています。
ゲネプロまではオーケストラを見て合唱に指示を与えて………。

でも、演奏の本番で譜面台を要らないと言うことは「もしも?」を考えるとできないのです。
メロディーを覚えることはできても、その次のメロディーを同じ楽器が奏でるわけではありません。
大体は違う楽器で演奏することがほとんどです。
ですから100%暗譜していても最後の心配は残るので、ほとんどの指揮者は譜面を楽屋に残してステージに出る…
は、やりたくてもできないのが実情です。

ところが、自然体をモットーとする佐藤先生、舞台に指揮者の譜面台なし。速いテンポでも、楽器への指示は完璧!
第3楽章は不思議。あんなに遅いテンポでしたのに、演奏時間全体は短かったのです。手品というか魔法というか?!
“残響の魔術師?”あれはどういうテクニックを使ったのでしょう。

第4楽章は圧巻!!
まるで音楽との対話。リズムに音楽が乗っているというか音楽にリズムが装飾的役割を果たしているというか。
サウンドも見事です。2階脇左右のバルコニーからも合唱が聴こえます。もちろんステージからも…。
それが音楽堂の響きに包まれて演奏が立体的になり、大嵐のサウンドの中で聴いている。
私の周りの方々が、おどろきと共に心揺さぶられていました!!!。もちろん私も…!
本当に、めったに体感できない、立体的な演奏会となりました。
私は、また あの滝のようななだれ込む喝采・賛辞の拍手を求めて歩んで行きたいと思っております。
心から「大成功」と思います。運営に携わった方々すべての方々に感謝します。
みゆきさんもオーケストラと一緒に来られたこと、ありがとうございました。

イタリアベルカントセミナハウスとは

イタリアベルカントセミナハウスとは

About  Us

ベルタッキ式 ベルカント発声法による「声楽レッスン」

イタリアベルカントセミナハウスでは、ミラノスカラ座トレーナー「アンジェロ・ベルタッキ式発声法」そのままの「ベルカント声楽レッスン」により、今まで多くの声楽家を世に出しております。
アンジェロ・ベルタッキの発声法とは「レオナルド・ダ・ヴィンチ以来の解剖学からの分析による人間科学」に基づいた、「伝統的筋肉トレーニングを伴うベルカント発声法」です。

佐藤式ベルカント発声法による「声楽療法レッスン」

筑波大学医学系 橋口淳一講師監修のもとでの体系化、及び筑波大学医学系 (精神科医)斎藤環教授との10年を超えるMedicalTrialの中で、佐藤宏之が確立した「佐藤式ベルカント発声法」による精神疾患や失語症、その他、心の病への「声楽療法レッスン」を(斎藤環先生との提携で)行っており、完治・寛解・症状軽減において高い治癒率を出しております

茨城つくばエリア・福島市内・都内田端駅前の各スタジオで

「ベルカント声楽レッスン」&「声楽療法レッスン」を行っております。

  • 声楽レッスン
  • 声楽療法レッスン

佐藤式ベルカント発声法とは?

佐藤式ベルカント発声法とは?

「佐藤式ベルカント発声法」とは、佐藤宏之がミラノ・スカラ座トレーナーとして著名なアンジェロ・ベルタッキの下で声楽修行を積み、オペラやソリストとして多くのオーケストラと共演を行い、その後筑波大学医学部橋口惇一講師監修のもとでの「解剖学・運動生理学」研修により、発声を組織的効率的なものに構成しまとめたものです。

佐藤式ベルカント発声法とは?

2002年(平成14年)7月からは、斎藤環医師(筑波大学大学院社会精神保健学教授)との医療試行(Medical Trial)を通じて理論的・実践的に深め「うつ」「引きこもり」「パニック障害」「不安症」等、多くの「完治・寛解・及び症状改善」、その実績を積み上げてまいりました。

イタリアベルカントセミナハウス 主宰者 佐藤 宏之

佐藤 宏之

指揮者・芸術監督・声楽家(Bariton 二期会会員)
音楽への大きなきっかけは、NHK交響楽団の薗清隆氏(宮内庁雅楽部を兼務)にホルンを師事したこと。
武蔵野音楽大学器楽科卒業後、ブルガリア留学を経て、イタリア留学(国立パルマ音楽院声楽科)以後現在まで、北イタリア・ナポリを中心に、声楽家として招聘され好評を得ている。
イタリアでは、ミラノスカラ座トレーナー アンジェロ・ベルタッキに師事。

42歳より、新星日響(現東フィル)楽団長からの推薦により、指揮法を佐藤功太郎に師事。
オペラ副指揮を歴任、群馬交響楽団に於いて指揮者の修業。
オーケストラ指揮者として、プラハでのジュネス音楽祭の指揮者に選ばれ「ジュネス音楽祭記念オーケストラ」を指揮し、欧州デビュー。それをきっかけに日本・欧州での指揮活動を歴任。

新星日本交響楽団(現・東京フィルハーモニー交響楽団)、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団の弦楽合奏の現代音楽などを指揮。
現在、東京ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団常任指揮者。
1983年、自身の力量を充実させ地域の文化発展に寄与する目的で、つくばフィルハーモニー合唱団を創立し長年に渡り演奏活動を行う。
NPO法人「国際声楽療法協会」を設立、理事長に就任。
合唱王国福島に於いて、ふくしま「第九」の会理事長に就任。
※ブダペスト、リスト音楽院大ホールでの「カルミナ・ブラーナ」ライブ演奏はじめ多くのCDが発売されている。

詳細プロフィールはこちら

お問い合わせはこちら

090-5555-7700(主宰 佐藤 宏之)

感染症対策について

当スタジオでは皆様に安心してご利用いただけるよう、スタッフの検温・スタジオ内の消毒を徹底しております。
また、スタジオ内は強力な換気を行っており、万全の感染症対策を取っております。